♪オンラインアプリゲームの限界

スマホゲームが限界突破をしてきてますね

今年に入ってスマホのアプリゲームがどんどん凄くなってきています。ゲーム内容もオープニングムービーも画像も凄いことになってきました。私自身はアイフォンの最新機種を使っていて、ほとんどの時間はwifi環境で遊んでいるのですが、読み込み時間が長くなってます。つまり待ち時間が長いと言うことです。これが通勤・通学時間で電車の中で・・・となると少ない時間を削って遊んでいるのに、待たされまくりでしょうね。

 

先日電車の中で超有名ゲームクラッシュオブクランをプレーしていました。結構シンプルなゲームだと思うのですがさすがにwifi環境に慣れているので、待ち時間にイライラと・・・。あんな簡単なゲームでも読みに時間がかかるのだから、最新のゲームはかなり時間がかかるだろうなと容易に想像できます。

 

つまり、ゲームの品質がスマホの能力を超え始めてしまったんだと思うのです。ゲームのクオリティーを上げれば当然データー量は多くなります。画像が綺麗になっても同じことが言えるんですよね。スマホゲームの最大の武器はいつでもどこでも遊べるゲームではなかったのでしょうか?

 

これは限界突破ですね

 

もう少し品質を落としてでもいいのではないでしょうか?いちユーザーとしては絵が綺麗とか綺麗なオープニングは大歓迎ですが、それはPS4等にまかせてしまってもいいのでは?と思うのです。それよりも軽くてサクサクと遊べる面白いゲームを作ってくれた方が遊ぶと思うんですよね。

 

初期段階でアプリのインストールに時間のかかるゲームはその時点でやめてしまっています。当然ゲームを始めたらイライラっとしてしまうのが目に見えているからです。楽しくじかんをかけずに遊べるゲームがいっぱい出てくることを期待しています。